日本全国対応!離婚、不倫、不倫の慰謝料 請求 離婚の慰謝料請求 内容証明、のご相談は徳島の行政書士井内洋典法務事務所へ。協議離婚慰謝料請求内容証明、不倫慰謝料請求内容証明、などもお気軽にご相談下さい。(無料法律電話相談)もしております

日本全国対応!離婚、不倫、不倫の慰謝料 請求 離婚の慰謝料請求 内容証明、のご相談は徳島の行政書士井内洋典法務事務所へ。協議離婚慰謝料請求内容証明、不倫慰謝料請求内容証明、などもお気軽にご相談下さい。(無料法律電話相談)もしております
代表 行政書士
井内 洋典






















徳島県行政書士会会員
行政書士井内洋典法務事務所
TEL:0885-38-7345
無料通話ご希望の方は
ソフトバンクWプラン 
080-3922-2101でどうぞ
AU無料通話 
090-8283-2101へどうぞ
ドコモ無料通話の方は 
080-2978-2101へどうぞ
営業時間 
9:00〜21:00

(電話ご対応時間 08:00〜24:00)

メール等は事務所案内等のページの下に書いてあります。
お電話は日曜、祝日でもご対応させていただいております。お時間の都合の取れない方は営業時間外でもかまいませんのでご遠慮なくお電話ください。



   ブログ2街の法律家 行政書士の独り言


不法行為、不貞行為、不倫、浮気の慰謝料の請求
いわゆる不貞行為の慰謝料の請求、一方の配偶者(夫・妻)の不倫・浮気の慰謝料の請求は(夫・妻)及び(夫・妻)の不倫・浮気相手に請求できます。ただし特殊な不法行為の成立要件がありますので責任無能力者(幼児や責任弁識能力を欠く者(未成年者であっても18才を一つの目安としています。)一般に責任無能力者の法律行為について損害賠償責任を負う義務があることになますが(法律小辞典参照 監督義務を怠らなかったことを立証するとその責任から免許れることが可能です。(民法第714条)過失の挙証責任が転換された中間的責任と法律の世界では呼称されています。なお、責任能力があると推定可能な未成年の不貞行為、不法行為、浮気、不倫、肉体関係であったとしても監督義務者に監督上の過失があり、それと未成年者の不法行為との間に相当因果関係があれば監督義務者、(普通は未成年の子供の父親、母親)は民法典第709条により不法行為責任を負うとするのが、判例や学説の立場ではあります。但し、経済力のない仮に19歳の大学生に不倫の慰謝料請求をしても支払い能力がないので勘弁してください。親に請求してくださいとなった場合、相当、人間が完成した親でない限り実務上は、対抗するばかりで不倫・浮気の慰謝料請求を成功させるためには、ハードルが高いのが現実です。不真正連帯債務である不倫の慰謝料は年齢差から鑑み、まずあなたの配偶者に実行してくださいと反証してきますので厄介な問題です。

不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
2017.7.2[Sun]

代理について
代理
民法

意義 ある人Aと一定の関係にあるBがAのためにCとの間で意思表示を行い(能動代理)、あるいは意思表示を受ける(受動代理)ことによって、その意思表示のの法律効果が直接Aについて生ずるという制度、
民法99条(代理行為の要件及び効果)代理人がその期限内において本人ためにすることを示してした意思表示は、本人に対して直切にその効果を生ずる。)この場合、Aを本人、Bを代理人、Cを第3者(相手方)といい、このような効果を生じさせることがBの地位を代理権といいいます。機能(法律小辞典参照)企業的組織体が高度に発達分化した現在の取引や契約では1名の者が全ての組織体の取引について意思表示をするのは、不可能であるから、他人に対して一定の代理権を与えて、その者の専門的知識を活用して(行政書士の書面上での代理権、弁護士の代理権等)決定させ、その法律的な効果だけを本人に及ばせるという制度が必要となってきます。また、近代法では全ての者に権利能力を認めていますが実際には自己のために財産の管理や取引、契約をする能力を持たない人やできない場合も場合がありますので専門的な法律知識やその他の知識が必要となります。代理とはこのような社会的な要請に応えて、私的な自治を拡張または補充する機能を果たす制度といえるわけです。

代理は代理人自らが法律行為について意思決定をする点において決定された意思表示を単に伝達または、伝達の完成をする使者とは異なります。また、本人のためにすることを示してなされる点で代理は問屋などのように他人の計算の計算において自己の名で取引をする、いわゆる”間接代理”とも異なっているわけです。

代理の認められる範囲
代理は法律行為についてだけ認められ”事実行為や”不法行為”については、認められません。民法典は占有についても代理占有という文言を使用している点(民法181条、代理占有、占有権は代理人によって取得することができる。)等から鑑み上記記載の意味ではないちと解釈できます。本人自身の意思決定をを絶対的に必要とするもの(婚姻などなど)については代理はそもそも問題になりません。身分法上の行為などは原則として代理が認められないからです。


代理権における3面関係
一般に代理の要件は上記のABC3者間の関係として説明されています。AB間の関係では代理権の存在が必要になります。(任意代理、法定代理)BC間の関係ではBがAのためにすることを示して(題名主義)意思表示がなされることが必要となってきます。(代理行為)AC間では法律効果が誰に帰属するのかが問題となりますがBに代理権がない場合には、無権代理、表見代理の問題となります。代理行為は代理人の意思表示でありますので意思表示の瑕疵(かし)などは原則として代理人について決するということに帰結します。(民法101条、民法102条、意思表示の効力が意思の不存在、詐欺、脅迫または、ある事情を知っていること若しくは知らなかったことにつき、過失があったことによって影響を受ける場合には、その事実の有無は代理人について決っするものとする。2特定の法律行為をすることを委託された場合において代理人が本人のために・・以下条文略、
(代理人の行為能力)民102条、代理人は、行為能力者であることを要しない。)871(右)
不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
2017.6.24[Sat]

浮気・不倫の慰謝料請求を行政書士に依頼する利益とは
ある日突然、配偶者(夫・妻)の不倫の事実関係(大半が配偶者(夫・妻)の携帯電話のメールやラインの不貞の事実関係の履歴の発見やどうも最近、配偶者の言動や顔つきが変わったのでおかしいと思いその旨、問い質すと白状した等。)を知ったときは

感情に任せて配偶者(夫・妻)の不倫・浮気相手に強い抗議の電話を無意識化で実行したりすることは多々あります。この時、刑法第222条、脅迫罪、同法223条、強要罪(3年以下の懲役)に抵触するような過激な発言をしてしまうこともありますので強い注意が必要になります。しかしながら言うは容易く行うは難しで冷静になるような自己コントロールが大変難しいのも事実です。

結果、冷静な行動が取れなくて相手方と話がこじれて法的に後々問題になったりします。
強い感情のまま独断での言動は浮気・不倫相手に警戒されてしまい場合によっては警察署等関係諸官庁に被害届を提出されたり上記のように刑事告訴、告発をされたりしますので強い警戒が必要になり結果、精神的負担が急増・増幅したりします。そうならないためにも、不倫・不貞行為の事実が判明した場合は、冷静に感情を抑え、即刻、行政書士に相談することをおすすめします。

以下、簡単に不倫の相談を行政書士に依頼するメリットについてご説明させていただきます。



不倫・浮気の慰謝料の金額は、相手方の経済状態、性質、その他、諸般の事情で大きく変わってきます。

請求する慰謝料の金額はいくらくらいが妥当であり、慰謝料の請求を成功に至らせるためには、どのような方法・仕方で配偶者(夫・妻)の浮気・不倫相手に慰謝料請求を実行すればいいのか?詳細にご提案させていただきます。

ご自身の独断での不倫・浮気相手との交渉は精神的に相当大きな負担となります。当行政書士法務事務所では、超早期解決とクライアント様の魂の納得を第一義的に考えらせていただいての内容証明(交渉書面)の作成を心がけさせていただいて日々に業務遂行を実行しております。

不倫の慰謝料請求を行政書士に依頼するメリットはズバリ時間と労力を大きく軽減できるのが理由になると考えられます。

慰謝料の請求の知識は、書籍やインターネット上のホームページから収集することは簡単にできますが、情報は星の数はどの情報過多状態で何が正当か?否か?がわかりにくいものです。必要、不可欠な重要ポイントの絶対に外してはいけない知識を取り入れるのに時間を要します。サイトによっては間違った知識を記載したりしていますのでそのような全くでたらめな必要のない邪魔な知識を瞬時に切り捨てるスキルも必要です。さらに、書面を作成する際も法的知識が必要であり、内容証明(交渉書面)の場合には縦横の文字数の制限や使用してはいけない文字、や印などなど全く経験の無い人にとっては大変な時間や労力を必要とします。また、不倫が原因で離婚に至る場合には浮気・不倫の多大なる精神的な苦痛を強いられた上に離婚時の精神的なストレスがかかってしまうため、ご自身だけで早期解決の糸口を見つけるのは全くもって至難の業となります。


以上を鑑み、法律のプロ、刑法や民法に精通したあなたの街の信頼できる法律家、行政書士に依頼するのも一つの効果的で有力な選択肢、手段となるといえます。

不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
(2017.6.9[Fri])

違法性
違法性はいろいろな意味に用いられますが、一般には、”違法”と同じで法秩序に違反すること、すなわち、一定の行為をした人間が法によって消極的評価を受け、何かの法律上の制裁や不利益を受ける地位にあることをいいます。

(1)民法、意義、広い意味では法律行為、準法律行為などの違法な行為の属性を意味します。狭い意味合いでは、不法行為および債務不履行の要件の一つとして、故意、過失、(不法行為の場合)あるいは、責めに帰すべき事由)(債務不履行の場合、その意味は故意・過失、または、それと同視すべき場合とされる。)という{主観的要件}(故意・過失)を除いた客観的な要件を指します。ただし、近年、不法行為の領域では故意、過失を主観的、違法性を客観的要件とする考え方(従来の通説)を否定し、故意、過失を違法性の要素を含んだ統一的な要件とする考え方が有力になっています。有斐閣、法律小辞典参照

(2)違法性と権利侵害
かつては不法行為は権利という具体的な名称をもった利益を侵害しなければ成立しないと解釈されていましたがそれでは不法行為の成立する範囲を狭くし、被害者の救済に欠けるので”大学湯事件”依頼、学説、判例は、民法709条の権利侵害とは”違法性”を表するものには、かならず、法律上保護される利益を違法に侵害すれば不法行為が成立すると解されるようになりました。{不倫、浮気、不貞行為では、貞操権の侵害行為になります。}

同様の結果は、権利侵害の権利を広く解することによって得られる(権利拡大説)が、通説は、違法性説をとり、被害者利益の種類・性質(所有権や知的財産権など物質的なもの、債権や営業権など債権的なもの、身体や貞操や名誉など人格的なもの等)と侵害行為の態様(刑罰法規違反、取締法規違反、”公の秩序”善良の風俗違反、権利濫用など)などの相関関係からこれを判定すべきだとした[相関関係説)があります。しかし、このような違法性説に対しては、最近、有

力な批判があります。これに対して709条によって保護される利益が狭い意味での権利だけで泣く法益が含まれることは、学説、判例上異論のないところであるので平成16年の民法の改正法(法 147)の際”他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は・・・”と改められました。この改正は、条文を口語化するとともに判例・学説上異論のないところを最小限修正したものなので、違法性を巡る議論には影響を与えない、と一般に考えられています。


不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
(2017.6.7[Wed])

行政書士と弁護士の違い!不倫の慰謝料請求
★弁護士が仮に示談交渉したとしてもはいそうですか!と慰謝料を支払う誠実な不倫の加害者は(誠実であれば、そもそも不貞行為などしませんので}まず、いませんので結果、話がこじれてしまい、調停でも裁判でも何でも来いと結果、裁判になり双方が弁護士に多額の報酬額を支払うことになり付加して相当な時間、労力、肉体的、精神的な負担、経済的な負担が掛かってしまいますのでその旨、ご注意ください。

★行政書士を使って話を崩壊させず、迅速に穏便に早期解決していまうのが理想です。家庭の平和を取り戻すために法的権利を主張しましょう。

不倫関係を中止さすのには堂々と配偶者{夫・妻}の情交関係の相手に対して不倫の慰謝料請求をして打撃を与え、ケジメをつけさせることが必要です。

不倫の慰謝料の請求を行政書士が実行するのは、弁護士違反であるなどと弁護士のサイトで見かけますが、弁護士法72条違反でないかと?弁護士が主張しているだけでこれは明らかに間違いです。行政書士は書類作成代理権を平成13年に成立した改正行政書士法、第1条の3第2号{行政書が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること}については総務省の有権解釈によれば、直接契約代理を行政書士の業務と位置づけるものでもないが、行政書士が業務遂行として契約代理を行い得るし問題ないとの意味合いを含むものであると解される。)となっております。
そもそも弁護士法72条は弁護士の収益の確保やその職域を守るためを目的に制定されたものではありません。制定された第一義的な目的は一般市民の意思の尊重や利益の尊重、法益の侵害を防ぐために定められた、実質的な意味合いの刑法典の条項、条文であります。よって行政書士は書類作成の代理権を利用して慰謝料の請求書類を作成して内容証明{交渉書面}で不倫相手に慰謝料請求として発送することは充分可能です。さらに相手方が示談に応じてきた時には、示談書作成の協議と、協議が整った場合争わず、早期解決の為に依頼者からの要請で示談書の作成も当然のように可能です。時代の流れ(カレント)は、裁判外決着、裁判で争わず、話を拗らせず早期解決の方向性でいきなさいとの裁判所のスタンスに逆流した弁護士の考え方は法律の制定の意義と全くベクトルの違う自分たちの職域確保のための他としか考えにくいです。もちろん、新司法試験制度、国の政策の大失敗で30年前、日本全国で約7000人だった弁護士が現在約9万に急増して弁護士のスキルやクオリティも著しく低下の一途で、ご存じのように社会問題にもなっております。登録しない弁護士が約5万人、登録している約4万人弱の弁護士も一部しか登録しても食べていけない現実を鑑み、{とある経済紙によると弁護士にバラ色の人生はない!弁護士資格に経済的な価値は全くない}など厳しく現実を書かれて職域確保に必死な気持ちも痛いほど理解はできますが?弁護士は国家賠償の訴訟、裁判もできるわけですから、隣職法律職にひつこく抗議せずに国に抗議されては如何でしょうか??何年か前に現在の約2500人合格体制を旧司法試験、500人合格体制に現在の法科大学院制度を辞めてしまうことも実行しようとして大学から莫大な損害賠償を仄めかされて中止した経緯もありますが、法律は完璧ではないとも言えるので自分の身を守るのは自分しかいないので再度、検討されては如何でしょうか?



不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
(2017.5.9[Tue])

妻の不倫相手に慰謝料請求の作成代理送付
神奈川県、横浜市の00です。

この度の妻の不倫相手に慰謝料請求においては本当にありがとうございました。

早速届いた慰謝料の内容証明{交渉書面}を拝読させて頂きました。

全部で12ページに至る厳しい相手方に反証を絶対に許さない文言の集合体で私の気持ちを見事に表現{代弁}してくれていまして気持がスッキリしました。ご依頼して本当に良かったの一言でした。

妻の不倫相手の奴さんも相当なダメージを受けて痺れていることと考えております。

私の不倫の慰謝料の請求に最大にご協力、ご尽力いただき、本当に感謝の気持ちで一杯です。

おかげさまで本日、妻の不倫相手の00より慰謝料全額が私の銀行口座に振り込まれました。示談書の方も厳しく書いていただきましたので今回の示談交渉は成功すると考えておりました。

今回の妻の不倫相手に慰謝料請求が超早期解決に至ったのも、井内先生の知識、星の数ほどの経験値のおかげさまだと思っております。

徳島の先生の事務所の銀行口座への報酬金額の振込は、銀行で妻の不倫相手に慰謝料請求した結果、慰謝料の回収に成功致しましたので慰謝料金の振込みを確認したその場で銀行のATMから即刻お振込みさせて頂きましたのでご確認くださいませ。

以上よろしくお願い申し上げます。

神奈川県 横浜市 男性 会社員

埼玉県の00です。
埼玉県さいたま市の夫の不倫相手の00から、昼休憩時間に振り込みに行ってきました。というメールが入ってましたので私も授業が終わってから確認したところ000万円振り込まれていました。威圧感と迫力のある12ページに及ぶ交渉書面で痺れたんでしょうね?示談書の方も厳しく書いていただき気分がスッキリしました。全く00という全く酷い人のためお手を煩わせてしまいました。00も夫も私と同じ、学校の先生ですのでお恥ずかしい限りで全く酷い人達です。井内先生は被害者の私には本当に優しく親身になって接してくれますが、世の他の事象には寛大でナチュラルな思考のお話ししやすい一種独特の雰囲気の持ち主の人でありますが不倫の加害者の理不尽で不条理な生き方だけは、絶対に許せない強い理念の持ち主でありますので00の叔父様から夜、遅い時間に先生に電話があった時、夫の不倫相手の00の親族の中では格別にうるさくて面倒で有名な00の叔父様を、電話口で即刻、強く厳しく抗議してくれた時は本当にサイトのタイトル通り力強い味方であり頼もしく、私は大変嬉しく思いました。00は酷い姑息な人間で叔父様は00に利用された単純00の叔父様(専門00は良く聞きますが(笑はお気の毒で可哀そうなお00さんで一瞬同情さえもしてしまいました。)井内先生には色々ご心配をおかけして、親身になってご相談にのってくださって感謝しています。今後、親族の事で忙しく大変ですが、前向きに過ごさなければ、と思います。報酬金は先生の行政書士事務所の名義の銀行口座に対して本日、振り込み予約しましたので、明日の午前中には反映されると思います。ご確認にください。今回は本当に 本当にありがとうございました。
埼玉県さいたま市 女性 教諭

★上記記載文は、行政書士の厳格な守秘義務に則り、人物の特定が可能でないように当職、井内(いのうち)の判断で加筆、修正しての記載とさせて頂きましたので、その旨、何卒ご理解くださいませ。


★ご自身で直接相手方と逢ったり携帯電話やメール、ライン等で示談交渉したり内容証明や交渉書面を作成して送付されている方は刑法典の<222条脅迫罪2年以下の懲役><223強要罪3年以下の懲役>等で刑事罰を少しの示談交渉の方法や文言の表現の仕方の違いで受けてしまいますので<刑務所に留置されたり、投獄>されたりします!状況にもよりますが相手の許可なしに勝手に携帯電話等に架電等をすれば個人情報保護法違反で約90日くらい刑務所で座るような型になる場合も多々ありますのでその旨、ご注意ください。

慰謝料の支払いに相手が同意、合意した場合は相手方を逃がさないためにも詐欺や私文書偽造罪及び刑法222条脅迫罪<2年以下の懲役>刑法223条強要罪<3年以下の懲役>等で刑事罰を受けない点等から鑑み、即刻、必ず、プロの法律家、行政書士等に相談して法律的に整合性のある法的に穴が全くない、しっかりした合意書、及び示談書等の書面で相手を厳しく拘束してしまうことが必要となります。



★上記のような危険を回避するために行政書士、プロの法律家、の当行政書士法務事務所にご相談してくださいませ。<日本全国各地各県>での迅速、親切、親身にならせていただいてのご対応を心がけさせてもらっております。



            
                     
 
<日本全国対応>不倫の慰謝料請求・浮気の慰謝料請求・離婚問題、財産の分与請求、不倫示談書、慰謝料の内容証明、示談交渉書面の作成・無料法律電話相談等でお困りのあなたの力強い味方に徳島の行政書士がならせていただきます。


ご相談無料ですのでいつでもお気軽にお気兼ねなくご相談してくださいませ!。お電話ご対応時間AM8時〜PM24時まで365日年中無休でご対応させていただかせてもらっております。

不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
(2017.1.3[Tue])

不倫・損害賠償請求
損害賠償請求について

意義 民法典による債務の不履行や不法行為(不倫・浮気・不貞行為)などなどの一定の事由によって損害が発生した場合、損害がなかったのと同じ状態にすること。社会通念上、損害賠償の義務は違法性のある行為に基づいて被った不利益を補填する意味合いの損失補償と分けて考えます。

賠償される損害は債務の不履行、不法行為を問わず、損害賠償義務を発生させる事実との間にいわゆる、因果関係があることが必要条件になり、因果関係があれば、財産的な損害であるか精神的な損害、精神的な苦痛を問わず、積極的損害、消極的損害であるかも関係なく損害賠償の請求は可能です。しかしながら我が国の民法典によればどこま

での損害が賠償の対象になるかの問題についてはやや複雑で債務の不履行については民法第416条で規定していますが不法行為についてはとくに定められておりません。但し、判例や通説の立場は不法行為(不倫・浮気・不貞行為)においても上記、民法典416条を準用するのが妥当である旨、見解や解釈しております。この見解、解釈は普通、相当因果関係と呼称されています。

不倫・浮気の損害賠償請求の方法

いわゆる不貞な行為による不倫の慰謝料の請求においては、刑法222条の脅迫罪、2年以下の懲役、同法223条、の強要罪、3年以下の懲役や230条の有名すぎる名誉の毀損罪。3年以下の懲役に怒りに任せて不貞の加害者に対して自分で内容証明等で慰謝料の請求を実行した場合、刑事罰を受けるリスクを鑑み、不倫慰謝料の請求のプロの行政書士に依頼された方がいいと考えております。弁護士に依頼するのも一つの手段で一つの方法でありますが、報酬金額が高い点(100万円の回収で40〜50万円手元に残ればまだましで、仮に50万円くらいの回収の場合マイナスになる可能性がある点、弁護士の書く不倫・示談書・合意書・解決書は債権債務、いわゆる金銭のことだけで、不倫の再発防止の罰則や罰金が記載されるのが皆無である事実を鑑み余りお勧め出来ません。以下有斐閣、法律小辞典参照

*不法行為 意義及び種類
例えば、不法行為で他人を傷つけたり、他人のものを壊したりすると、行為者はそれによって生じた損害を賠償しなければならないとされています。このようにある行為によって他人に生じた損害を賠償する責任が生じる場合に、その行為を不法行為といいます。契約と並んで重要な債権発生原因であります。民法は709条に過失責任主義に基ずく不法行為の一般的規定を置き、714条以下に過失の挙証責任を転換し、あるいは、無過失責任を認める不法行為の規定を置いていいます。

一般の不法行為の成立要件について
まず、第一義的に加害者に故意、過失があること。続いて権利侵害又は法律上保護される利益の侵害、つまり違法性があること平成16年改正前の民法709条は被侵害利益として権利侵害のみを規定していました。この点につきかつての判例は、侵害される権利の意味を厳格に解し、法律上何々権と名付けられるようなものでなければ損害賠償の対象とならないとしていました。(雲右衛門事件)がその後、法律上、権利と名付けられていなくとも保護に値する利益であればよいとして、権利侵害の要件を広く解するに至った(大学湯事件)経緯があります。そして、その後の通説・判例は、民法709条にいう権利侵害は違法性のことをいうのだと解し、行為に違法性があれば不法行為は成立すると考え、違法性の有無を判断するには、行為の態様と侵害される利益とを相関的に考察しなければならないと解してきた経緯があります。しかしながら、このような違法性論を再検討し、違法性の独立要件を否定してその要素を過失要件の中で判断すべきだとする学説(新過失論)が有力になっています。平成16年の改正(口語化)は、この議論に踏み込むことなく、709条によって保護される被侵害利益は権利または法理上保護される利益であるとの判例・学説上異論のないところを改めて、現行の条文としました。加害行為と損害の間に因果関係が存在すること。責任能力があること{民712・713}ただし、これらは被害者が証明すべき積極手的要件ではなく、むしろ加害者がその不存在を証明することで免責を主張できる消極的要件である。と結語されております。

*特殊な不法行為の成立条件、責任無能力者{幼児や責任弁識能力を欠く者など}の監督義務者は責任無能力者の行為について賠償責任を負うが、監督義務を怠らなかったことを立証すると責任を免れる。{民714}。過失の挙証責任が転換された中間的責任である。なお、責任能力がある未成年者の不法行為であっても、監督責任者に監督上の過失があり、それと未成年者の不法行為との間に相当因果関係があれば、監督義務者は民法709条により不法行為責任を負う、とするのが判例学説である。
{効果}
被害者は、加害者に対して損害賠償権を取得する{民709}金銭賠償によるのが原則である。{民722、1、民417}名誉、毀損については特別の規定{民723}がある。{名誉回復処分としての謝罪広告}損害賠償には座酸的損害の賠償と精神的損害の賠償{慰謝料}とがある。賠償の範囲については特別の規定はないが、債務不履行の場合{民416}はに準じて相当因果関係説によるのが通説、判例である{大連判,大正15・5・22民集5・386{富喜丸事件}で{相当因果関係、しかしながら、近年、保護範囲のの判例によって賠償の範囲を決めるべきであるとする保護範囲説や、拡大された損害については、第1次損害と危険性関連があるかどうかを判断基準とするべきとする危険性関連説が主張さされている。被害者にも過失がある場合は過失相殺{民722・2}できる。不法行為による損害賠償請求権利は損害及び加害者を知った時から3年、不法行為の時から20年でいわゆる時効によって消滅する{民724}消滅時効、時効の完成。債権法の改正案では、人の生命・身体を害する不法行為については、上記それぞれにつき、5年、20年とされています。{民案724の2}{不法条件}殺人をしたら100万円やろう。という類のいある条件下である事実そのものが不法性を帯びその結果、それを付した法律行為全体が不法性を帯びる場合の条件をいいいう。不法条件付きの法律行為は無効である。{民132前}なお、殺人をしなければ100万円やろう、というように不法行為をしないことを条件にする法律行為も、社会通念上、当然してはいけない行為を特にしないことを条件とするのであるから法律上保護する必要性もなく、保護するのも無意味であるのでやはり、無効となる。{民132後}殺人と不貞な行為と全く関連性がない例を記載させて頂きましたが、不倫は巷、(心の殺人)と呼称されておりますのでその旨、何卒ご理解ください。

*(行政書士についてのご説明)

行政書士は、法律専門国家資格の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、国民の日々の暮らしに密着した法務サービスを提供しており、高い倫理観を持って職務にあたるように心がけています。規則により定められている行政書士の徽章は秋桜{コスモス}の花弁の中に行の文言を配したもので,調和と真心をあらわしています。行政書士の徽章が意味するように行政書士は社会の調和を図り、誠意をもって、公正、誠実にその職務を行うことを通じ、〜国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命としています。日行連書籍より抜粋。


不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ!  
2016.12.17[Sat]

不倫・浮気の慰謝料の金額
不倫・浮気の慰謝料の請求の金額には明確な基準というものはありません。

不倫慰謝料の巷言われるところの相場はあくまでも目安で精神的苦痛を被った被害者の方にしか本当のところはわかりません。

不倫が原因で離婚する場合、当然ですが慰謝料の金額は増加いたします。{不貞行為の発覚時の精神的苦痛と離婚による精神的苦痛でメンタル面の苦痛は増幅いたしますので。

慰謝料の請求の額はご自身が考えている金額より高く請求するのがセオリー(この匙加減が法的にも微妙に複雑系です。}

不倫・浮気の慰謝料の請求の支払いに相手が同意、合意した場合は相手方を逃がさないためにも詐欺や私文書偽造罪及び刑法223条強要罪{3年以下の懲役}等で刑事罰を受けない点等から鑑み、必ず、プロの法律家、行政書士等に依頼して法律的にしっかりした合意書、または示談書等で書面で固めてしまうことが必要で唯一条件で且つ絶対条件です。

上記につきましては、ご自身で内容証明や交渉書面を作成して送付されている方は刑法典の恐喝、<脅迫罪、>上記<強要罪>等で刑事罰を受けるリスクが多大ですので行政書士等プロの法律家に依頼した方がいいと思います。

違約金について

契約を締結する際に当事者間で債務不履行の時に債権者が債務者に対して一定額の金員を支払う旨、あらかじめ確約した場合のその金銭のことを意味します。いわゆる違約罰の一種であります。違約金の性質は普通当事者の契約により定めますが我が国の民法は違約金の意味合いを賠償額の予定と推定しており(民法第420条の3違約金は、賠償額の予定とする。)その場合には当該違約金以上の損害賠償金はとれません。賠償額の予定でないと主張するものは、そのことを立証する必要があるということに帰結いたします。

違約罰の定義

契約を結ぶ際に当事者間で債務の不履行のときには債務者(不倫の慰謝料では加害者)が債権者(不倫の被害を被った被害者)金銭、その他のものを給付する旨、をあらかじめ約束することがありますが、その場合の金銭その他のものを違約罰と呼称します。債務の支払い等の履行を心理的に圧力をかけて強制を促すことを目的とした私的制裁と形容可能です。金銭で償う、場合は違約金といい、民法典の定めるところによれば損害賠償金額の予定と推定可能であるということになります。違約金以外のものも定めれていますが解りにくいのも事実です。(民法第421条、前条の規定は,当事者が金銭でないものを損害の賠償に充てるべき旨を予定した場合についてこれを準用する。)

民法第415条、債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

同法420条の2 賠償の予定は、履行の請求または解除権の行使を妨げない。有斐閣、六法等の法令参照

尚、不法行為{不貞行為}の加害者は損害賠償金を被害者様に支払う責任{義務}があります。違法性や因果関係、加害者の責任能力等、過失や故意によって損害を与えた程度等が問われ不法行為が成立すると発生するところの金銭による損害賠償請求の権利が発生いたします。損害賠償の範囲は大きく分けて精神的損害と財産的損害に別れます。不倫・浮気等の場合の精神的な損害の賠償を法的には慰謝料といわれています。民法第724条 不法行為による損害賠償の請求権は被害者またはその法定代理人が損害の事実、及び加害者を知った時から3年間行使しない時は時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも同様とする。いわゆる消滅時効に掛った、時効が完成した等いわれる時効のことで不法行為によっての損害賠償請求の権利の制限の期間(ターム)が法律で定められているのはネット社会でもありこれほど不倫や浮気問題が日々、メディア等で騒がれている今の日本では皆様、既にご存じだと思いますが相手方の反証を絶対に許さない慰謝料の請求は我々、信頼できる街の法律家、行政書士にお任せしていただくとスムーズに早期解決に持ち込めると考えております。初めから話が拗れてもいい、解決に2〜3年の時を費やしてもいい、高い報酬額を支払い、もし仮に弁護士報酬の方が慰謝料の金額より多額になり、マイナス収支でもいい、何が何でも裁判で争いたい意向の方は最初から弁護士に依頼すればいいと思います。一つの目安として不倫の加害者から回収できた場合(弁護士に依頼すると絶対に成功するとの見解の方も多々いらしゃるみたいですがそうでもなく失敗に至ることも多数ありますし必ず成功に至るというわけではありません。)100万円の回収で40〜50万円手元に残ればいい方です。当然マイナス収支もあり得ますのでその旨、覚悟の上、最初から弁護士にご依頼された方がいいとの見解です。弁護士に依頼すると必ずしも成功に至らず、マイナス収支になるというわけでもなく、社会通念上、報酬額が獲得慰謝料金に比較して高いというだけの話ですので念の為。
不倫慰謝料請求のプロ行政書士!
不倫は絶対的な社会悪、反社会的行為で自ら人生に終止符を打つ方も多々いますので従い当法務事務所では不倫・慰謝料請求を実行することに結語いたします。

行政書士 井内 洋典(いのうち ようすけ)

<日本全国各地各県各地域対応>夫や妻の不倫・浮気相手に慰謝料請求、離婚問題、離婚協議書の作成、財産の分与請求、示談書、慰謝料請求・内容証明、交渉書面の作成・等でお困りのあなたの徳島の行政書士が力強い味方になります!
不倫の慰謝料・浮気の慰謝料・請求を成功に至らせるため最大のご尽力ご協力をさせて頂きます。

不倫慰謝料請求のプロ行政書士! 徳島 井内洋典法務事務所 井内 洋典(いのうち ようすけ)


不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
(2016.11.1[Tue])

不倫・浮気の相手に慰謝料請求・内容証明
不倫・浮気相手への慰謝料請求

婚姻関係の破綻(離婚)の原因が{夫・妻}の浮気である場合、{夫・妻}の浮気相手に慰謝料の請求が可能です。{夫・妻}の浮気・不倫相手が既婚者がいることを知っていた、または、知り得る状況であるにも関わらず、肉体関係、性交渉におよんだ場合は悪意及び、故意、過失の度合いで不倫・浮気の慰謝料請求は可能です。いわゆる貞操権の侵害行為となります。但し、{夫・妻}が浮気・不倫相手に自分は独身であると虚偽の告知をしていた場合などは、社会通念上、違法性、不法性がない旨とされて、浮気・不倫相手に対しての慰謝料請求は可能ではありません。しかしながら、相手が既婚者がいる旨、知り得た後も肉体関係、性交渉を継続して場合は浮気相手に慰謝料請求の実行は可能です。配偶者の不貞行為によって夫婦関係が破綻、崩壊しかけたものの、婚姻関係が継続されて離婚に至らなかった時も不貞行為の相手に対して慰謝料の請求は可能です。但し、相手が既婚者、配偶者の存在を知っていた、または相当の注意を怠らなかったら知り得た状況での肉体関係や性交渉、情交関係に及んだ場合です。浮気・不倫相手と話あいで慰謝料を請求するのが理想ですが大半がその場では謝罪して慰謝料を支払います等約束しますが、約束は悪意の嘘ですのでほとんど破られて姑息で金銭感覚にシビアで汚い、狡い不倫の加害者は慰謝料の請求から身を交して逃げてしまいますので気をつけられた方がいいでしょう。話あいでスムーズに慰謝料の請求に応じるような誠実な人間なら、そもそも不貞など実行しません。このような場合には慰謝料の請求をする旨の内容の内容証明で相手方に不倫の慰謝料請求を実行する型になります。当法務事務所作成の内容証明は強力な威力があり、相手方を精神的に追い込み、付け加えて強烈なパンチ力により多大な心理的な圧力を掛けますので成功率は91%ほどです。

民法第404条 (法定利率)利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年5分とする。

民法第419条 

1、金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。但し、約定利率が法定利率を越えるときは、約定利率による。

2、前項の損害賠償については、債権者は損害の証明をすることを要しない。

3、第1項の損害賠償については、債務者は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。


不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
(2016.10.21[Fri])

夫・妻の不貞な行為の慰謝料の請求等
(精神的損害とは) 社会通念上、言われるところの筆舌に尽くし難い精神的な苦痛とか苦しみ哀しみ、いわゆる精神上被った不利益、表現を変えれば、無形的損害ともいい、財産的損害に対する文言であります。精神的苦痛による損害に対しての賠償請求(慰謝料)は裁判官の自由な裁量によって決定されうる点で、一定の基準に従い金銭に評価しなければならない財産的損害の賠償と区別する実益があります。精神的苦痛の損害賠償は、生命、身体等の人格的な利益が侵害されたばあい、不倫、不貞な行為の場合は、貞操権の侵害行為になります。)当然のように発生すると認められていますが、財産権の侵害の場合も認められることがあります。(例えば、長年日々一緒に暮らした愛犬を攫われたとき等)慰謝料がそこに発生いたします。慰謝料は精神的苦痛に対する賠償で賠償の仕方は別段の定めなき場合は金銭を持ってこれを償う、民法417条)と法律で定められています。いわゆる金銭賠償です。不倫や浮気の慰謝料請求は精神的苦痛に対しての慰謝料の請求で慰謝料を請求できるのは精神的苦痛を被った当事者になります。対応策として考えられることは、基本的には、行政書士等法律のプロに依頼して内容証明で加害者に対して精神的苦痛の慰謝料を請求いたします。生命的な侵害の場合の慰謝料は慰謝料請求権は一身専属的な形容ですので相続の実現には生前の請求の意思の表示が過去の判例では絶対条件でありましたが現在は請求の意思表示は関係なしに当然に相続されるとの判例ではスタンスを取っております。



配偶者として貞操義務に反する行為、わが民法上、離婚原因の1つと定められています。。民770条1,1姦通と同じ意味に解する見解もありますが、社会通念上、姦通より広く、一夫一婦制の貞操義務に忠実でない一切の行為を含む概念と考える立場が有力であります。したがって一連の行動から、直ちに姦通が認められなくても、不貞な行為があるとして離婚を請求できる場合がありえます。ただし、現行法は相対主義(相対的離婚原因)をとる立場から、不貞な行為が認められてもあります。なお、裁判所は一切の事情を考慮して、離婚請求を認容しないこともあります。民法770条2項

不貞の抗弁
認知の訴えにおいて、被害者である父の側から、子の母が懐胎可能期間中に被告以外の男性と性的交渉があったと主張すること、多数当事者の抗弁ともいいいますが、その事実の立証によって、単に被告が父であるととの心証を弱めるだけであるから真の意味の抗弁ではないといと法律では定められています。(もし仮に抗弁ならば、法的要件(事実)が立証されれば法的効果の発生が阻止されますので。)かつては父がこの抗弁を主張したときは、原告側で、他の男性との性的交渉の不存在を立証しなければならないとされていましたが現在の判例は母の方で子の懐胎可能な可能期間中に被告と性的交渉を持ったこと、付け加えて子と被告との血液型の相関性、及びその他父子関係の存在を推認させる諸事実を立証すれば、事実上、父子関係が推定されるとしており(最判昭和32・6・21民集11.6・1125)不貞の抗弁を主張する被告は、子の母と他の男性の間に性的交渉のあった事実などなど具体的、積極的な立証活動によって、この推定を覆さなければならないとのことです。(有斐閣小辞典参照)

<日本全国対応>{夫・妻}の不倫・浮気の慰謝料請求{妻・夫}の不倫・浮気相手に慰謝料請求・ 離婚 慰謝料・問題、・示談書、合意書、不倫の慰謝料請求内容証明・示談・交渉書面の作成等でお困りのあなたの力強い味方に徳島の行政書士がならせていただきます!ご相談無料ですのでお気軽にお気兼ねなく無料相談してくださいませ!

不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ! 
(2016.10.17[Mon])

もどる
バックナンバー
Powered by HL-imgdiary Ver.3.00